住宅ローンを借り換える

banner

事前のチェックが重要


繰り上げ返済とは、住宅ローンの一部または全部を繰り上げて返済することです。
繰り上げ返済をすると、返済総額が減ります。
余裕のある月に少しずつ返済しておくと、後で返済が楽になります。
返済総額が少なくなると、返済期間の短縮や、毎月の返済額が少なくなるのです。
繰り上げ返済には、手数料が必要になることがあります。
理由は、金融機関の儲けの問題です。
金融機関は、お金を貸すことで利子をつけてその利子で儲けています。
金利のことです。
繰り上げ返済をすると、元金が予想よりも早く減るので、金利も予想通りのものではなくなります。
そうなると、金融機関では損をするので、手数料をとることでまかなっているのです。
また、繰り上げ返済は、いくらでもできるというものではありません。
もちろん、一円から繰り上げ返済可能としている金融機関もありますが、10万円単位で受け付けているというような金額が決まっている金融機関もあります。
10万円なんてなかなか貯まるものでありません。
繰り上げ返済したくてもできないこともあるのです。
最初に契約するときに、繰り上げ返済のことも調べておくと、後で後悔することもなくなるでしょう。
事前のチェックが重要です。

タイミングは重要


繰り上げ返済のタイミングは、重要です。
繰り上げ返済は、まとまったお金ができたときや、月の支払いに余裕があるときに行います。
各金融機関で、繰り上げ返済について決まり事があるので、それに従わなければなりません。
例えば、手数料が必要になったり、繰り上げ返済を受け付けてくれる金額が決まっていたりします。
繰り上げ返済は、出来るだけ早く行ったほうがいいでしょう。
そのほうが、元金が早く減って、利息が少なくなるからです。
貯金に回すのもいいでしょうが、繰り上げ返済にまわすという方法も考えてみましょう。
繰り上げ返済をすると、返済総額が減ります。
しかし、そのことばかり考えて、繰り上げ返済ばかりしていると、生活が出来なくなる可能性もあります。
一度繰り上げ返済したものは返してもらえないので、慎重に考える必要があります。
繰り上げ返済には、手数料がかかることが多くあります。
返済総額を減らすことばかりに目が行くと、何度も繰り上げ返済を行って、手数料ばかりとられるという結果になることもあります。
上手いタイミングで繰り上げ返済を行うようにしましょう。
また最初に契約する前に、繰り上げ返済のことを調べておくのもいいでしょう。
最初は、金利ばかりに目が行きますが、後々のことを考えて、住宅ローン借り換えシミュレーションで繰り上げ返済のことも調べておきましょう。

http://loan1192ya.com/?
住宅ローンを口コミで比較
Copyright(c) 2013 住宅ローンを借り換える All Rights Reserved.